和歌山で家を建てる・注文住宅の建築・設計事務所 | 株式会社赤土建設

株式会社 赤土建設

完成見学会のお知らせ(2012.04.14・15)

toridoma_top2

ようやく春の日差しがまぶしくなってきましたね。
以前よりブログやfacebookに登場しておりました、海南市の「通り土間のあるイエ」がこのたび完成いたします。今回もお施主様のご厚意により、完成見学会を開催させていただきます!S様、本当にありがとうございます。

point_gaikan

今回のお宅は北欧雑貨好きの20代のご夫婦とお子様のお宅で、約50坪の敷地に建てた31坪2400万円の、古き良き通り土間を再定義した新しい土間スタイルの家です。自然素材などの本物の質感、ダイナミックな空間構成にこだわっています。

概要は以下のとおりです。

  構造/木造 規模/地上2階建て
  敷地面積/153.04㎡(46.38坪) 延床面積/102.57㎡(31.08坪)
  家族構成/ご夫婦+子供1人
  建築工事費用/2400万(外構費、照明器具を含む)

doma_calender  開催日:  2012年4月14日(土)
              15日(日)

 開催時間: PM 01:00ーPM 07:00
       ※今回は午後からのご案内です。
       ※夜間照明もご堪能いただけます。

 開催場所: 海南市鳥居
 (ページ下に詳しい地図がございます。)

さっそく見所をちぇっっっく!

 オーナー様がこれから作り上げていく土間スペース

point_doma

古き良き通り土間を再定義した新しい土間スタイルとなっています。お子様の遊び場でもあり、観葉植物を置いたり、お気に入りの雑貨をディスプレイしたり、井戸端会議も最適な場所となっています。南北に風が通り抜けるのと、最小限の開口である地窓により、通気性、採光は抜群。光溢れる通り土間をぜひ堪能してください。

  敷地形状と周辺環境を活かした間取り

敷地形状が南北に長く、線路や学校に隣接し騒音問題を抱えています。敷地の幅が狭く、ゆったりとした部屋をとることができない。そこで日本古来の町家などに使われる「通り土間」の概念を取り入れました。

point_map3

古き良きイメージを残しつつも、現代風に再定義し直した「通り土間」が、プライベート(LD、寝室など)とパブリック(外部)を1枚の壁で隔てるのではなく、サブスペースとして間に介すことにしました。部屋の行き来や空間の広がりに一役かってもらおうという考えです。それにより広く見えるような仕掛けと騒音(NOISE)から個室を守るような間取りとなっています。

ブログへ

 雨の日でも明るい光の採り方

point_danmen

騒音対策のため開口部は最小限しかとれない。道路、線路側の西側にはほとんど取ることはできない。しかし、それでは窓のない暗い家になってしまう。しかし、ここは通り土間を中心に雨の日や曇の日でも日中明るく快適に過ごすことができる。照明いらずだ。その仕掛けはぜひ来てみて体験して下さい。

 自然素材でメンテナンスしやすく

point_wax

通り土間のイエでは、外壁がしっくい塗り壁、床が無垢材の自然素材を使った家となっています。今回使うフローリングは旦那さまがこだわって選んだ無垢材なので、オーナー様ご家族が自分たちで床のワックス塗装を行いました。無垢材はメンテナンスが必要不可欠になりますので、できるだけメンテナンスしやすい材料を選定させて頂いています。なによりも無垢材を選択される方は愛着をもってメンテナンスするということが大事になります。

ブログへ

 ダイニングテーブルとつながる一体型の造作キッチン

point_kitchen

今回キッチンは、無垢板から作られたオリジナルの造作キッチン。この造作キッチンはダイニングテーブルと一体で使えるようになるので、かなりダイナミックなキッチンになっています。キッチン廻りの壁や床の素材感もこだわっています。奥様必見です!!選ぶ色ひとつにしても、キッチンに立てばテンションが上がってくる、そんなキッチンです。かゆいところに手が届いて、素材もとことんこだわれるので、気になる方はぜひご相談下さい。

ブログへ

 オリジナル照明でこだわりの照明計画

point_shoumei3

オリジナルのペンダント照明に、他では見つからないおしゃれな照明、間接照明などを使ったこだわりの照明計画です。ぜひ、夜の通り土間もご堪能下さい。

見所はまだまだたくさんございます!!
ご興味のある方はぜひご来場ください。

tenmado_suporter2

電話でのお問い合わせ

073-445-1234


     営業時間 7:30-19:00

トップ
トップ